スマホを大手のものから格安スマホに変える際の注意点

日頃大手携帯電話会社から購入したスマートフォンを使っていて、毎月の料金がかさんでくると、格安スマホへの乗り換えを考えるようになる場合があります。

格安スマホは価格面から考えれば大手携帯電話会社より断然有利であるため、少しでも携帯電話に関係する支出を減らしたい人におすすめですが、実際に機種変更をする際にはいくつか注意しておかなければならない点があります。

まず、携帯電話会社から割り当てられたメールアドレスは、格安スマホに変更することで使えなくなります。既にSNSアプリを主な連絡手段としているのであれば特に問題はありませんが、携帯電話会社のメールアドレスを多用している人は事前にフリーメールのサービスに登録しておきましょう。

また、機種変更する前に料金を口座振替で支払っていた場合は、機種を変える時に支払い方法を変更しなければならない可能性があります。格安スマホを扱っている企業の中にも口座振替を利用できるところがありますが、その数はあまり多くなく、格安スマホの料金の支払い方法で主流なのはクレジットカード決済です。

そのため、クレジットカードを持っていない人が格安のスマホを持つためには、先にカード会員になっておくか、クレジットカード以外の方法での決済ができる会社を選ぶ必要があります。

そして、格安のスマホの使用中に動作がおかしくなった場合、改善は基本的にユーザー自身の手で行わなければなりません。これは、格安のスマホを扱う会社の実店舗が大手携帯電話会社よりはるかに少なく、トラブルが起きたときの問い合わせはメールか専用フォームからの送信がメインとなっているためです。

スマホの動作がおかしくなる原因を調べるためには、携帯端末についてある程度の知識や技能が必要となるので、自分で直せる自信が無い人は大手携帯電話会社のスマホを使い続けていた方が安心できます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です