格安スマホは料金が安い一方でデメリットも少なくない

格安スマホは安い料金でインターネットサイトを閲覧したり、アプリをダウンロードして遊んだりすることができるのが大きな魅力ですが、その一方でデメリットもいくつかあり、手に入れるかどうかはこちらの面も考慮して選ぶ必要があるでしょう。

格安スマホのデメリットの一つは通話料金が高くなりやすいことです。大手携帯電話会社では一定の時間に達するまで通話料金を定額とするかけ放題プランが用意されていますが、格安スマホの通話料金については定額部分が無く、完全な従量制となっている場合がほとんどです。

他人と電話をほとんどしない人はこのデメリットを全く気にする必要はありませんが、1ヶ月に何時間も電話をする人にとっては料金面では不利となる可能性があります。

データ通信においても、格安スマホでは通信制限がかかる境目となる容量が低めなのがデメリットです。

これは安い料金で提供されているが故のものであるためユーザーは甘受する以外にありませんが、モバイルWi-Fiルーターを用いるなど、通信制限を気にすること無くインターネットを楽しむことができる方法もあるので、使い方を工夫してみましょう。

また、大手携帯電話会社のようなサポート体制が無いのもデメリットです。大手携帯電話会社は全国各地にショップを設置しており、スマホの使用時にトラブルが起こった場合は店に持ち込めば必要な対応をしてくれますが、格安のスマートフォンを提供している企業の中には実店舗を持たないところも少なくありません。

トラブルが起きたときは基本的には自分で対処しなければならず、解消できなかった場合は指定された場所に端末を送付するなどして対応を待たなければならないため、格安のスマートフォンはある程度端末を使いこなせるようになった人向けの機種といえるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です